2023年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

松岡徹 展「旅する島──京都編」

2011年03月15日号

会期:2011/01/12~2011/02/06

京都造形芸術大学芸術館/GALLERY RAKU[京都府]

今展には「キオクダマ」という人々の記憶のつまった玉を内包する島と、その島を探し求める旅人という物語の設定があり、旅人が描いた絵や、島の地図、放浪しながら蒐集したという“コレクション”などが展示されていた。“京都編”はこの会場がある瓜生山が物語の舞台になっていて、古びた雰囲気の瓜生山の地図や風景のドローイングには、そこに生息する架空の生き物や「キオクダマ」が描かれている。ここに登場するキャラクターは立体作品でも展示されているのだが、《守人 阿(モリビト ア)》、《守人 吽(モリビト ウン)》をはじめ、その容姿がとにかくどれもユーモラスだ。一気にその物語世界に引き込まれる。会場にはこの島で使われていた(という設定の)お面も展示されていたのだが、お面をかぶって少し恥ずかしそうに記念撮影をしていた学生らしき若い女性たちの楽し気な様子も微笑ましかった。また、ギャラリーに隣接する、縄文土器などの考古資料が常設展示されている「芸術館」にも、まぎれこむように不思議な生き物が潜んでいたのが面白い。作家の自由な想像力とともに鑑賞者を魅了するその展示力も思い知る。最終日だったが見ることができてよかった。

2011/02/06(日)(酒井千穂)

2011年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ