2023年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

東京五美術大学連合卒業・修了制作展

2011年03月15日号

会期:2011/02/17~2011/02/27

国立新美術館[東京都]

今年は全体に不作。昨夏の異常な暑さが影響したか。まさかね。見た順にいうと、まず女子美では、紙の裏表に絵を描いて両側から見えるように立てた大小島真木の作品は実験的だが、なぜ「デュアル」でなければならないのかよくわからない。あとは、絵のほかにスカートに首を突っ込む木彫を出した柳瀬はるかが目を引いた程度。武蔵美は、一見でたらめな抽象画に見えながらちゃんと絵になってる上野早智子、葉がカツラのような木を2本すばらしい色彩で表した笹井青依。多摩美は、青いカーテンだけをトートロジカルに描いた菊池宏介、橋本平八みたいに粘土を木で彫って台の上にのせた木村原理。造形大は、ベラスケスの原作を明るく軽快なタッチで翻案した佐藤理恵、こういう場所にはふさわしくない小さなキャンヴァスに近ごろ珍しい抽象を描いた八重樫ゆい。以上は合格。日芸は今年も全滅。ま、1時間ちょっとでサーッと見ただけなので、見逃した原石はたくさんあると思う。

2011/02/25(金)(村田真)

2011年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ