2023年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

アートみやぎ 2011

2011年03月15日号

会期:2011/01/15~2011/03/21

宮城県美術館[宮城県]

宮城県にゆかりのあるアーティストを紹介する恒例の企画展。トップを飾る志賀理江子は、オーストラリアや仙台などで制作された「カナリア」のシリーズを展示する。展覧会や写真集などで、すでに何度か見ていた作品ばかりだったので、欲を言えば、新作を見たかった。とはいえ、7組の作家のなかでは、ひときわ存在感を放つ。ほかには鹿野護のインタラクティブな映像作品や、佐々木加奈子による異国の地ボリビアにおける沖縄村を通じて、日本の記憶をたどった「オキナワ・アーク」も印象深い。加えて、キリンアートアワードの審査と展覧会で担当した椎名勇仁が現在は仙台在住と知る。なお、常設展の方、今回は「よみがえる岸本清子」が思わぬ拾いものだった。ネオダダに唯一の女性アーティストとして参加した後、活動休止を経て、過激なパフォーマンス、空飛ぶ赤猫シリーズ、雑民党から「地獄の使者」として参議院に立候補したときの政見放送など、「前衛」が機能していた時代に思いをはせる。

2011/02/02(水)(五十嵐太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00011583.json l 1230896

2011年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ