2023年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

川俣正:フィールド・スケッチ

2011年03月15日号

会期:2011/02/04~2011/03/21

NADiff a/p/a/r/t[東京都]

川俣がデビューする70年代に身辺を撮ったスナップ写真。写っているのは建物の内外、郊外の風景、通路などで、人はまったくといっていいほど出てこない。1枚1枚はなんてことのないモチーフばかりだし、色もすでに褪せているが、そんな写真でも数百枚集まればなにか宝の山のように見えてくるし、現在の川俣の活動の原点をここに見出すことも難しくない。ちょうどゲルハルト・リヒターの「アトラス」みたいなもんか。目を引くのは部屋の片隅を撮った一群の写真で、白い天井と壁の境目がY字型にパースがついて妙に艶っぽい。それにしても感心するのは、こういう他人にはクズ同然のスナップ写真を何百枚も後生大事にとっておくこと。それが30数年後にはこうして日の目を見るのだから、やっぱり川俣は確信犯だ。

2011/02/15(火)(村田真)

2011年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ