2021年04月15日号
次回5月17日更新予定

artscapeレビュー

サンネ・サンネス SANNE SANNES

2011年04月15日号

会期:2011/03/01~2011/03/13

リムアート[東京都]

まず「こんな写真家がいたのか!」という驚きがある。サンネ・サンネスは1937年、オランダ・グローニンゲン生まれ。1959年頃から写真家として活動し始め、雑誌等に寄稿するほか、写真集『Oog om Oog(An eye for an eye)』(1964)とテレビのために制作された映画『Dirty Girl』(1966)を発表して注目を集めた。だが、1967年に30歳の誕生日を迎えた4日後に交通事故で急死し、その後はほぼ忘れられた存在になっていた。今回のリムアートでの展示は、彼の1960年代のヴィンテージ・プリント27点によるもので、もちろん日本では初公開になる。
テーマになっているのは、ほとんどが女性のヌード。ブレ、ボケ、クローズアップ、粒子の荒れ、大胆な光と闇のコントラストなどは、この時代の写真における「怒れる若者たち」に特徴的な表現で、やや年上のエド・ファン・デル・エルスケンやウィリアム・クライン、さらにはほぼ同世代の森山大道や中平卓馬などとも共通するものがある。だが、これらの写真家とサンネスが決定的に異なっているのは、彼が他の主題には目もくれず、あくまでも「性欲に対する感情の喚起“eroticism”」にこだわり続けていることだろう。しかも、男性が女性に付与したエロティシズムというよりは、女性のなかにもともと内在するそれを引き出そうと、全身全霊で取り組んでいるように見える。結果として、彼の写真はロマンティシズムとリアリズム、性への憧れと畏れ、エクスタシーと苦痛とが激しく衝突し、入り混じり、溶け合うような異様な緊張感に満たされている。このような「実存的」な質を備えたヌード写真は他にあまり例を見ないのではないだろうか。
サンネスはきわめて内気な男だったが、カメラを手にするとサディストに変貌したのだという。また、女友達の回想によれば、彼は生涯女性と性交渉ができなかった。その複雑な人格と、あまりにも短い生涯が、彼の写真に奇妙に歪んだ彩りを添えている。なお展覧会にあわせて、500部限定の写真集『SANNE SANNES』がリムアートとオランダのKahmann Galleryとの共同出版で刊行された。

2011/03/04(金)(飯沢耕太郎)

2011年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ