2021年04月15日号
次回5月17日更新予定

artscapeレビュー

秦雅則「明るい部屋」

2011年04月15日号

会期:2011/03/08~2011/03/13

企画ギャラリー・明るい部屋[東京都]

企画ギャラリー・明るい部屋が最後の展覧会を迎えた。小野寺南、三木義一に続いて、実質的にギャラリーの活動を牽引してきた秦雅則による展示である(もうひとりのメンバーの遠矢美琴は既に1月に「保存」展を開催)。
ギャラリーの壁に大きなアクリル板にサンドイッチされて並んでいるのは、一見不定形のパターンの抽象画のように見える作品。「光(今回の場合は、太陽からの光ではなく室内で燈されていた科学的な光)と時間(2011/1月~3月の間の企画ギャラリー・明るい部屋に存在した時間)を、抽出し記録したもの」という説明がある。これだけでは何のことかよくわからないが、実はギャラリーの蛍光灯に晒し、天井裏のスペースに保存した現像済みのカラーフィルムからプリントした作品ということのようだ。つまり、「光と時間」の作用によって、フィルム上に発生したカビや染みのようなパターンを、そのままプリントしたのだ。
そんなことをやって何か意味があるのかということだが、秦としては「やってみたかった」ということに尽きるのではないか。予想不可能なパターンの変化をしっかりと確認することで、写真の生命力、生産力を祝福することが、ギャラリーの活動の締めくくりにふさわしいと判断したということだろう。2年間走り続けた企画ギャラリー・明るい部屋は、次の週から解体工事が開始され、間もなく姿を消す。だが、その果敢な冒険の軌跡は長く記憶に残っていくだろう。

2011/03/09(水)(飯沢耕太郎)

2011年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ