2021年04月15日号
次回5月17日更新予定

artscapeレビュー

大畑公成 展

2011年04月15日号

会期:2011/03/08~2011/03/13

ギャラリーモーニング[京都府]

ウィーン応用美術大学に留学していた大畑の帰国後初めての個展。光溢れる自然や動植物、人物などが描かれた絵画の、多様な色彩と透明感、それらの厚みは画面に時間的な奥行きも生み出していて、物語の続きへと想像を誘っていく趣きがある。今展では大小20点ほどの新作が発表されたが、個人的にはのびのびとした印象の軽やかな筆触のなかに遊び心が感じられた小さな作品が好きだった。今後の発表も楽しみにしている。

2011/03/13(日)(酒井千穂)

2011年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ