2019年06月15日号
次回7月1日更新予定

artscapeレビュー

建築講演会 沖縄建築の可能性について

2011年04月15日号

会期:2011/03/18

聖クララ教会[沖縄県]

震災翌日に予定されていた日本郵船歴史博物館の「船→建築」展に関連した遠藤秀平との対談など、幾つも仕事のキャンセルが続き、震災後の初仕事となったのが、東日本から遠く離れた沖縄での講演会。素晴らしきモダニズム建築の聖クララ教会にて、「沖縄建築の可能性について」のレクチャーを行なう。ゲニウス・ロキや批判的地域主義などの基本概念をレビューしつつ、赤い瓦や沖縄構成主義などについて語る。続いて、入江徹の司会により、対談と質疑応答。めずらしく、若手の出席者から多くの質問があり、その後の懇親会でも熱い議論が続く。批判的に掘り下げると、これはとても面白いテーマである。沖縄は震災とは無関係の地と思いきや、東北の建材メーカーの被災により、部材が入手しにくくなっているという。また国際通りの路上では、義援金集めの活動が始まっていた。

2011/03/18(金)(五十嵐太郎)

2011年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ