2021年04月15日号
次回5月17日更新予定

artscapeレビュー

始発列車「モトコーART train」

2011年04月15日号

会期:2011/03/12~2011/03/27

神戸 元町高架通商店街(モトコータウン)[兵庫県]

JR元町駅西口から、神戸駅までつづく元町高架通商店街。現在ではシャッターがおりたままの商店が多く目につくこの通りの空き店舗を会場にして、松井コーヘー、国谷隆志、國府理、岡本和喜、内藤絹子、涌嶋克己、森田麻祐子、早川季良の8名のアーティストが作品展示を行なっていた。神戸には行くが「モトコータウン」と呼ばれるこの商店街を訪れたのはほとんど初めてとも言える機会だった。高架下の狭い商店街の、雑多で少し怪し気な馴染みの無い雰囲気がまずなによりも新鮮だったのだが、そのところどころにあった各作家の作品展示スペースでは、作家本人が鑑賞者を迎え、和やかに会話する光景も見られた。もはや廃墟となってしまった空間はその歴史もうかがわせ、この場所が賑わっていた頃にも思いが延びていくよう。今後も第2回、第3回とシリーズで続く予定の企画のようだ。また訪れる機会も楽しみだがその成果にも期待したい。

2011/03/27(日)(酒井千穂)

2011年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ