2018年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

林勇気「電源を切ると何もみえなくなる事」

2016年05月15日号

会期:2016/04/05~2016/05/22

京都芸術センター[京都府]

映像作家、林勇気の個展。京都芸術センターの2つの展示室に加え、元小学校の空間2つを併用し、充実度の高いものとなっている。既発表作の延長上に展開する作品と、新基軸を打ち出した作品が発表され、それらが個展タイトルに予告されているように、「1日3回、決まった時間に映像機器の電源が落とされる」という操作によって再生/消滅を繰り返すことで、映像メディウムの成立条件や知覚体験について問い直す。
ギャラリー北に展示された《another world –eternal–》は、これまでの林のアニメーション作品の代表的なスタイルであり、デジタルカメラで撮影された膨大な画像のストックから切り抜かれたさまざまなオブジェクトが、たゆたうように浮遊し、あるいは視認不可能なほどのスピードで流れていく。食べ物、家電製品、草花、ペットボトル、車、風景の一部などの膨大な画像が、湖のように溜まり、あるいは川面のように浮かんでは流れていくさまは、日々流れるように去っていく記憶の断片を連想させるとともに、匿名的な無数の画像が蓄積され共有される「もうひとつの世界」としてのネット空間、そして画像の夥しい消費を示唆する。また、プロジェクターをあえて床置きにすることで、4面の壁に投影された映像には、観客自身の影が映り込む。それは、映像に空虚な人型の「穴」を開ける行為であるとともに、光源との距離によって伸び縮みする「影」が映像という「もうひとつの世界」の中を自在に散歩するようにも見える。黒い影が映像内へと侵入する一方で、観客の服や身体には映像の一部が移り変わる模様のように映り込み、私たちの見ている映像が非物質的な「光」に他ならないことを改めて意識させる。
また、ギャラリー南の《memories》は、昨年末のギャラリーほそかわでの個展「STAND ON」の試みを引き継ぐものであり、アニメーション、実写、3Dプリンターで制作した立体が複合的に展示される。画像を切り貼りしたアニメーションでは、輪郭線だけで描かれた男性が、箱や容器を開ける仕草を繰り返すが、中身は分からない。箱や容器の実物を、3Dプリンターで「再現」した立体が展示されるが、スキャンの際の光の反射などの「エラー」によって、完全な再現には至らない。中身の見えないブラックボックスとしての「箱」、表面を皮膜としてしか写し取れないこと──これらは、映像それ自体の謂いであるだろう。そして、壁面に斜めに歪んで映し出された映像では、 アニメーション内に登場した壁や床、電気コンセント、本棚などが映っているが、人の手によって破られることで、事物の実写ではなく、写真であったことが明らかになる。
また、新たな試みとして展示された《times》では、デジタルデータとしての画像がピクセルと数値に還元して提示される。スクリーンに次々と映される単色の色面は、1つのピクセルの拡大に過ぎず、3桁×3列の数字の色情報の蓄積は、印刷した紙の束の柱として出現する。
そしてこれら全ての映像は、ある決まった時刻になると電源を落とされて消滅する。私たちの目の前では、プロジェクターやモニターが置かれた、ギャラリーの物理的な空間が露わになり、映像への没入が中断される。映像の非実体性、その儚さや脆さ、そして電気の供給の前提が浮き彫りとなる。その電源消失は予告されているものの、予測不可能な外部のアクシデントによって、今この瞬間にも起きうる可能性について思いを至らせるのだ。あるいは、第三者の介入による意図的なスイッチオフと空白の出現は、権力による干渉や検閲といった作品への暴力的な介入をも連想させる。意味の世界/人工的な光という二重性の下に映像を捉え、実体と映像とのズレや乖離を提示し、デジタルデータとしての映像をピクセルと数値へ還元するなど、映像メディアの条件に自覚的に取り組む林は、本展において、「電源を切る」というシンプルな行為の持つ複雑な奥行きへと、見る者の思索を誘っていた。


ギャラリー北 《another world eternal 》展示風景
撮影:表恒匡


ギャラリー南 《memories》展示風景 電源あり(左)となし(右)
撮影:表恒匡

2016/04/10(日)(高嶋慈)

artscapeレビュー /relation/e_00034566.json l 10122875

2016年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ