2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:福岡道雄 展 「僕の顔」

2013年11月15日号

会期:2013/11/11~2013/12/07

ギャラリーほそかわ[大阪府]

1960年代以降、戦後の現代彫刻界を代表する作家の一人として旺盛な活動を展開してきた福岡道雄。黒いFRPの立体一面に「何もすることがない」という文字を連ねて彫り刻んだ作品などでも知られているが、2005年、大阪の信濃橋画廊での個展を機に「つくらない彫刻家」を宣言し、以降制作を断っている。本展では福岡の1960~70年代の彫刻とタブロー作品を展示。チラシに「今見れば反骨と焦燥に満ち満ちた1970年代当時の若い彫刻家のエネルギーが溢れんばかり」と記されていたのだが、その実物をぜひ見て感じたい。11月30日(土)にはアーティストトークも開催される予定(定員20名/要予約)。

2013/11/14(木)(酒井千穂)

2013年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ