2022年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

あいちトリエンナーレ2013 ビル・モリソン 映像プログラム「トリビュート・パルス」

2013年11月15日号

会期:2013/10/13

愛知芸術文化センター12階 アートスペースA[愛知県]

映像プログラムのビル・モリソン「トリビュート・パルス」は、劣化した古い映画フィルムをデジタル技術で復活させ、画像の乱れをそのまま見せる。志賀理江子の写真にも通じる、どこか恐ろしげな、生々しいメディアのモノ性を強く感じさせる、めくるめく映像体験だった。だが、最終パートは、それまでとはまるで違うものとなり、水害に襲われた映像を見せるという、驚くべき展開だった。

2013/10/13(日)(五十嵐太郎)

2013年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ