2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

カタログ&ブックス│2013年11月

2013年11月15日号

展覧会カタログ、アートにまつわる近刊書籍をアートスケープ編集部が紹介します。

フランシス・アリス作品集「Don’t Cross the BridgeBefore You Get to the River 川に着く前に橋を渡るな」

著者:フランシス・アリス
論考:吉﨑和彦(東京都現代美術館)、神谷幸江(広島市現代美術館)
アートディクレクション:原田祐馬
発行日:2013年7月
発行所:青幻舎
サイズ:B5、124頁
定価:2,940円(税込)

フランシス・アリスの《橋》のプロジェクトから成る手記。移民問題を背景に、想像力をもって二つの大陸に橋を渡す試みを行った《橋》プロジェクト。メキシコ湾での《Bridge/Puente》、そしてアフリカとヨーロッパを隔てるジブラルタル海峡で行った大規模な新作プロジェクト《川に着く前に橋を渡るな》を収載。遠い地の社会的な問題さえ、誰もが共有できるものとして作品に昇華させる卓越した表現には、私たちの生きる社会の寓意が浮かび上がる。最新作品集、日本初刊行。
青幻舎サイトより]



SOU FUJIMOTO RECENT PROJECT

著者:藤本壮介
出版社:ADAエディタトーキョー (2013/9/26)
発売日:2013年09月26日
サイズ:30.5x25.8cm、192頁

「武蔵野美術大学 美術館・図書館」の完成から3年。今や国内だけに留まらず、「台湾タワー」や「サーペンタイン・ギャラリー・パヴィリオン2013」の設計者に就任するなど、世界を舞台に活躍し始めた建築家・藤本壮介さんの最新プロジェクト集が遂に登場です。
GAサイトより]


ラッセンとは何だったのか? 消費とアートを越えた「先」

編著:原田裕規
執筆者:斎藤環、北澤憲昭、大野左紀子、千葉雅也、大山エンリコイサム、上田和彦、星野太、中ザワヒデキ、暮沢剛巳、土屋誠一、河原啓子、加島卓、櫻井拓、石岡良治
発行日:2013年6月25日
発行所:フィルムアート社
サイズ:四六判、268頁
定価:2,200円+税

バブル期以後、イルカやクジラをモチーフにしたリアリスティックな絵で一世を風靡したクリスチャン・ラッセン。その人気とは裏腹に、美術界ではこれまで一度として有効な分析の機会を与えられずに黙殺されてきた。
本書では、ラッセンを日本美術の分断の一つの象徴と捉え、徹底した作品分析と、日本における受容のかたちを明らかにしていく。
ラッセンについて考えることは、日本人とアートとの関係性を見詰め直し、現代美術の課題をあぶり出すことに他ならない。美術批評をはじめ、社会学、都市論、精神分析など多彩なフィールドに立つ論者15名による、初のクリスチャン・ラッセン論。
フィルムアート社サイトより]


ザ・ネイチャー・オブ・オーダー ─建築の美学と世界の本質─ 生命の現象

著者:クリストファー・アレグザンダー
監訳:中埜博
発行日:2013年09月30日
発行所:鹿島出版会
サイズ:B5判、490頁
定価:9,975円(税込)

アレグザンダーの積年のテーマである「名づけえぬ質=生き生きとしたパタン」からさらに展開し、「生命(Life)」や「全体性(Wholeness)とセンター(Center)」がキーワードとなり、環境の心地よさや美学、保存とその展開への実践が論じられる。図版600点強、490頁(B5判)の圧倒的なボリュームで構成。アレグザンダーの世界観を集大成した一冊。
鹿島出版会サイトより]

2013/11/15(金)(artscape編集部)

2013年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ