2021年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

種田陽平『どこか遠くへ』

2009年11月15日号

発行所:小学館

発行日:2009年9月30日

映画の美術監督として活躍する種田陽平の自伝的な絵本。本人のエッセイや昔の写真とともに、記憶の風景が綴られる。そこで描かれる懐かしい世界が、まさに彼が『ザ・マジックアワー』や『フラガール』など、さまざまな映画において手がけた舞台装置とよく似ているのは興味深い。原風景が作品に投影されたともいえるし、逆に現在の種田スタイルが過去の記憶に重ねあわせられたのか。いずれにしろ、建築雑誌に掲載されるようなツルツルピカピカの世界ではなく、記憶が細部に宿る街が種田の好みである。彼は、どこか遠い見知らぬ街で懐かしさを感じることがあるという。実際、種田の映画美術は、建築や都市のセットをつくり、われわれに集合的な記憶を喚起させている。

2009/10/31(土)(五十嵐太郎)

2009年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ