2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

大・開港展

2009年12月15日号

会期:2009/09/19~2009/11/23

横浜美術館[神奈川県]

横浜港開港150年を記念する展覧会。サブタイトルに「徳川将軍家と幕末明治の美術」とあるように、お約束のペリーの肖像画やベアト撮影の写真、歌川(五雲亭)貞秀の横浜浮世絵はもちろん、横浜とは直接関係ない幕末・明治のビザールな美術工芸品もたんまり出ていてうれしい。高橋由一の《美人(花魁)》や、初代宮川香山のスーパーリアリズム高浮彫陶器もある。珍しいのは最後の将軍徳川慶喜の描いた油絵(由一より早い!)と、慶喜をはじめとする徳川家を描いた川村清雄の肖像画。川村は幕府御庭番(庭掃除をするのか)を務めた旗本の家に生まれたため徳川家とつながりがあり、勝海舟が将軍の肖像画制作を斡旋したという。こりゃ開国博よりずっとおもしろいしタメになる。って開国博は見なかったけど。

2009/11/02(月)(村田真)

2009年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ