2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

内藤礼「すべて動物は、世界の内にちょうど水の中に水があるように存在している」

2009年12月15日号

会期:2009/11/14~2009/01/24

神奈川県立近代美術館鎌倉[神奈川県]

BankARTスクールの元生徒たち6人と、いざ鎌倉へ。新館(といっても1966年の竣工なので老朽化している)が閉鎖中なので、本館と下のピロティでの展示。本館の作品は、豆電球を10個ほど花丸形につなげたものが18輪、陳列ケースに置かれている。かたわらにはガラス瓶や風船やたたんだ布も。展示室の照明は消され、明かりは豆電球のみ。陳列ケースには入ることもできる。つまり展示室全体をひとつの異様なインスタレーションにしてしまったというわけ。この美術館をこんなふうに使った作品は初めて見た。繊細にして強度のある世界を構築できる内藤ならではの展示。

2009/11/28(土)(村田真)

2009年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ