2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

THEハプスブルク

2009年12月15日号

会期:2009/09/25~2009/12/14

国立新美術館[東京都]

おそれおおくも本日は天皇陛下即位20年を記念して200円割引ってことで見に行く。それでも1,300円するからね。東博の「皇室の名宝」展は無料だって。タダでさえ混んでるのに、タダならもっと混むぞ。シャレです。「ベラスケスもデューラーもルーベンスも、わが家の宮廷画家でした」というコピーが物語るように、おそれおおくもハプスブルク家はメディチ家と並ぶヨーロッパ最大のパトロン。つまり「王室の名宝」展のはずなのに、この程度の作品しか来てないんじゃ誤解されかねない。ティツィアーノもルーベンスも収蔵庫から引っぱり出して来たみたいな在庫一掃セール的2流品だし、ルドルフ2世の好んだピーテル・ブリューゲル(父)は1点もないし。でもそのルドルフ2世を描いた肖像画をはじめ、デューラーの《若いヴェネツィア女性の肖像》、ベラスケスの《白衣の王女マルガリータ・テレサ》など見るべきものもあった。注目したいのは、ユディットやサロメなど首を斬る絵が何点か出ていたこと。昔の皇室じゃなかった王室は血がお好きだったようで。

2009/11/12(木)(村田真)

2009年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ