2019年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:あいちトリエンナーレ2013「揺れる大地──われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活」

2013年08月15日号

会期:2013/08/10~2013/10/27

愛知芸術文化センター、名古屋市美術館ほか、名古屋市と岡崎市の各会場[愛知県]

アートが街に飛び出す「都市の祝祭」として開催された2010年の第1回に続き、2回目の開催となるあいちトリエンナーレがはじまった。テーマは「揺れる大地──われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活」。「東日本大震災後のアートを意識しつつ、世界各地で起きている社会の変動と共振しながら、国内外の先端的な現代美術、ダンスや演劇などのパフォーミングアーツ、オペラを紹介する」という今回。名古屋市内の美術館と街中だけでなく、岡崎市内の街中にも会場が設定され、規模が拡大した。見てまわるのにも移動にもさらに時間がかかりそうだが、映像プログラムやパフォーミングアーツなど、美術展だけでなく多くの舞台公演が開催されるのもあいちトリエンナーレの特徴。鑑賞したいパフォーマンス公演などのスケジュールもチェックしておくのが良さそう。

2013/08/15(月)(酒井千穂)

artscapeレビュー /relation/e_00022709.json、/relation/e_00022706.json、/relation/e_00022494.json l 10090165

2013年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ