2019年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

ゼロ・アワー──東京ローズ最後のテープ

2013年08月15日号

会期:2013/07/12~2013/07/15

KATT 神奈川芸術劇場 大スタジオ[神奈川県]

KAATにて、やなぎみわの「ゼロ・アワー」を観劇した。彼女の研究熱心を反映したプロットは、音をめぐる批評的作品になっている。メディア・オリエンタリズムのポストモダン的な展開は、同じく日本/女性とアメリカ/男性をめぐって、アイデンティティが揺らぐテーマをもつ「蝶々夫人」が「M. バタフライ」に変容したことと似ていよう。それを可能にしたフォルマント兄弟の音声デザインがすごい。また場面の展開とともに、リング状だった机がどんどん変形する、トラフ建築設計事務所の装置デザインも鮮やかだった。

2013/07/14(日)(五十嵐太郎)

2013年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ