2020年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

守山市子ども文化芸術体験学習:井上信太による「海に浮かぶ滋賀県の巨大な未来地図をつくろう」ワークショップ

2013年08月15日号

会期:2013/07/12

守山市立守山小学校[滋賀県]

滋賀県守山市立守山小学校の体育館で約170名の同校5年生児童を対象に、美術家の井上信太さんによるワークショップ授業が行なわれた。これは造形芸術や音楽、ダンスなど各分野のアーティストによるワークショップや体験学習をとおして、子ども達の想像力や芸術への関心、理解などを高めようと守山市の教育委員会が今年度より実施している「小学生文化芸術体験学習」のプログラムの一環。今回は私はスタッフとして同行した。ワークショップは体育館の床に広げた10メートル四方の青いビニールシートを海に見立て、そこに浮かぶ滋賀県(という島)の未来を想像しようというもので、色紙やカラーテープ、カラーペンなどの画材を使って思い思いに花畑などの風景を描いたり、滋賀県の特産物、名所などをテープで貼付け配置。最後には巨大な未来地図が仕上がった。子ども達の作業への熱中ぶりや興奮にこちらも気持ちが盛り上がったひととき。こんな授業が学校で行なわれること自体が羨ましいが、さらにこのプログラム、アーティストが自分のすぐそばに居るということを知ることができるのも素晴らしい。アートへの関心だけでなくアーティストももっと身近な存在になればいいなと思った。


会場風景

2013/07/12(金)(酒井千穂)

2013年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ