2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

寺田コレクションの若手作家たち

2012年01月15日号

twitterでつぶやく

会期:2011/10/18~2011/12/25

東京オペラシティアートギャラリー[東京都]

企画展示場の上階で開かれているコレクション展。寺田とは代々この辺の土地を所有する大地主さんで、オペラシティの出資者であり、そこで得たお金で購入した作品をアートギャラリーに寄贈しているコレクターでもある寺田小太郎氏のこと。寺田氏が集めていたのは当初、難波田龍起はじめ日本的モダンアートや具象絵画が多かったような気がするが、これを見るとごく最近の若手作家までカバーしていることがわかり、なんとも心強い。展示は山本麻友香から伊庭靖子、小西真奈、蓜島伸彦、そして84年生まれの時松はるなまで、50歳以下の画家たちばかり。これは驚いた。寺田氏は何歳なのか存じあげないが、ぼくも知らない若手まで目配りしているとは。しかし余計なお世話だが、これは本当に彼のテイストによる収集だろうか。おそらくアドヴァイザーはいるだろうが、なかば公人とはいえ当たり障りのない人気作家ばかり集めていたら公立美術館のコレクションと代りばえしなくなってしまう。個人コレクションは独断と偏見で固めたほうがはるかに価値も高まるはずだし、そこに個人コレクションの意義もあるのではないか。本当に余計なお世話だが。

2011/12/25(日)(村田真)

▲ページの先頭へ

2012年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ