2017年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

服部正志 展 ヒト ◯ ことば ◯ ヒト

2012年01月15日号

twitterでつぶやく

会期:2011/11/29~2011/12/11

ギャラリー・アーティスロング[京都府]

大きな鞄の表面には、人間の口元の写真の缶バッジが無数に貼られてる。その鞄からは人型にくり抜かれた革がひも状に連なって放たれており、隣の部屋いっぱいに増殖していた。そして、人型の表面には西暦の年号と「ありがとう」の文字が。そういえば、缶バッジの口元の写真も「ありがとう」の5文字である。遥かなる歴史と壮大な偶然の果てに、いま自分がここにいるという事実。その奇跡に対する感謝の念を表現したのが本作である。服部が本作を発表するに至ったのは、東日本大震災から受けたショックが大きいそうだ。

2011/11/29(火)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

2012年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ