2017年09月15日号
次回10月2日更新予定

artscapeレビュー

住吉明子 個展 サムシング・ライク・イット─It is clear─

2012年01月15日号

twitterでつぶやく

会期:2011/11/25~2011/12/23

TEZUKAYAMA GALLERY[大阪府]

想像上の生物たちを、石粉粘土などで造形したりドローイングで表現している住吉明子。その作風はさらに進化し、本展では、植物、コケ、造花などを素材とする動物たちの巣まで制作されており、展示もオブジェ単体というよりはインスタレーションの趣が強くなっている。彼女がこのままファンタジーの世界に突入していくのかは定かでないが、世界観を徹底することで現状を乗り越えていくのも、ひとつの方法論であろう。

2011/11/30(水)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

2012年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ