2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

山西愛展「おかず、庭、なれない」

2012年01月15日号

twitterでつぶやく

会期:2011/12/07~2011/12/11

喫茶雨林舎 2階ギャラリー[京都府]

変なタイトルが頭を何度も過ってしまうので気になっていた山西愛の新作展。野菜や総菜、盛りつけられた刺身など、スーパーや食品店のチラシ写真を切り抜いて再構成したコラージュや、小さなタブローが古い建物の二階のギャラリーに展示されていた。セリフこそないものの、荒唐無稽なマンガのような一場面が描かれたペインティングにも、山西らしい奇妙なユーモアと物語性があり、思わず口元が緩む。ひとりでこっそりと空想や言葉遊びを楽しむようなその世界観に、言葉のセンスの良さが感じられて個人的には好きなのだが、今展ではどれにも作品タイトルのキャプションがつけられていなかった。聞いてみると、ちゃんとそれぞれにユニークなタイトルがあり、なお残念。次回の発表の際にはそれも見たい。

2011/12/11(日)(酒井千穂)

▲ページの先頭へ

2012年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ