2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

本田征爾 展──目眩く(めくるめく)

2012年03月15日号

会期:2012/02/06~2012/02/18

乙画廊[大阪府]

札幌市在住のアーティスト、本田征爾の個展。近年、同ギャラリーで毎年この寒い時季に個展を開催している。まぐろ調査船に乗船し、海上と陸上の両方の生活をしていた作家で、これまでは、船上で描いた透明水彩のドローイングやアクリル画なども発表していたが、最近は調査船には乗船していないとのことで、今回は陸上生活で描いた作品の展示。会場にはバクや鳥、きのこ、昆虫などの生き物をモチーフにした小さなオブジェもたくさん展示されていた。見たことのない“ヘンテコリン”な生き物のモチーフこそ減ったが、儚い浮遊感と神秘的な透明感など、その作風はむしろ幻想性が強まった印象で今回も想像が掻き立てられてやまない。挿絵つきの小さな詩集がとても良く、こちらでも物語いっぱいの世界が楽しめた。すでに来年が待ち通しい。

2012/02/18(土)(酒井千穂)

2012年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ