2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

俺の湯

2012年03月15日号

会期:2012/02/25~2012/03/04

art zone[京都府]

ガラス張りのギャラリー。外から見えるいつもの展示空間全体が、銭湯の浴槽のようになっていた。二階に上ってみて吃驚したのは、これまた銭湯さながらの空間だったから。木の札の鍵がついた下駄箱、脱衣籠のほか、籐筵が敷かれた床にはマッサージチェアが置かれ、牛乳を入れた冷蔵庫まである。これは企画した京都造形芸術大学の学生たちが、それぞれにテーマを設定し、日替わりの「湯」をしつらえるという展覧会。番台の受付で「今日は刺青湯です」と言われた。刺青のある人はお断りという場合が多い銭湯。この日は担当の学生がデザインし、制作した刺青シールを身体に貼って、足湯を楽しんでほしい、という日だったよう。その本人が丁寧に説明、案内してくれた。前日には、一階の浴槽の前の壁に金魚の絵を描くなど、ライブペインティングも行なっていたそう。小さな石けんやマッサージ器など今展に使われた銭湯グッズは、廃業した京都市内の銭湯を実際に訪ね、譲ってもらったのだという。いろいろな人とつながるためのポイントを準備から丁寧に考え、実践しているのも興味深かった。最終日は「大人湯」でスペシャルゲストにプロのストリッパーがショーをすると聞いていたのだが行けず残念。


26日の《刺青湯》会場風景

2012/02/26(日)(酒井千穂)

2012年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ