2021年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

瀬戸内国際芸術祭2013 春(犬島)

2013年04月15日号

会期:2013/03/020~2013/04/021

瀬戸内海の12の島+高松・宇野[香川県]

雨が止み、快晴に向かったのも嬉しかった瀬戸内国際芸術祭の島巡りツアー2日目。朝8時30分発の船で直島から犬島へ渡った。乗船時間は約1時間。やや駆け足気味だったが、到着してから五つの「家プロジェクト」作品を鑑賞した。透明アクリルの円形の構造物に張り合わせた造花の花びらを展示した《A邸/リフレクトゥ》、壁面に大小さまざまな円形レンズを取り付けた《S邸/コンタクトレンズ》、民家をリノベーションした建物で制作された名和晃平の大作《F邸/Biota (Fauna/Flora)》と見てまわる。前田征紀によるI邸のサウンドインスタレーションは外に広がるのどかな景色、光と水の揺らめきが美しく、できれば静かにゆっくりと堪能したい作品であった。インドネシア出身のアーティスト、フィオナ・タンによる犬島の石切り場と瀬戸内の海を背景にした映像インスタレーション《Cloud Island I》も面白い。犬島には、道端のところどころにSANAA設計の《ラビットチェア》が設置されているのだが、案内してくださった方によると、もともと《中の谷東屋》に置かれたこの椅子は、通りかかるたびに移動しているとのこと。地元の人たちにも親しまれる場となっていることがうかがえる微笑ましいエピソードでそんな場面を想像するのも楽しかった。

2013/03/21(木)(酒井千穂)

2013年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ