2021年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

カリフォルニア・デザイン1930-1965──モダン・リヴィングの起源

2013年04月15日号

会期:2013/03/20~2013/06/03

国立新美術館[東京都]

今日は無料だからつい入っちゃったけど、デザインに興味はないんで足早にグルッと一周する。あ、おもしろいじゃん。作品はほとんど見なかったんでなにもいえませんが、会場構成がおもしろい。観客はまず展示室の壁に沿って大きく一周し、次いで内側にしつらえた仮設壁に沿ってもう一周するという動線。肝腎の作品は仮設壁にのみ展示され、部屋の内壁には1点も飾られていない。おまけに中央部分が広場のように空き、そこから全体が見渡せるという会場構成なのだ。これは展覧会場(エキジビション)というより展示場(エクスポジション)に近い。

2013/03/23(土)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00020573.json l 10085746

2013年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ