2021年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

ルーベンス──栄光のアントワープ工房と原点のイタリア

2013年04月15日号

会期:2013/03/09~2013/04/021

Bunkamuraザ・ミュージアム[東京都]

待望のルーベンス展。といっても2、3千点もの作品を残したといわれるルーベンスだけに、工房作品や版画も含めて80余点、しかもその大半が小品というのはちょっとさびしい。でもじつは捨てたもんでもない。油絵の大作だったら必ずといっていいほどアシスタントの筆が入っているが、小品のなかでも下絵や習作はほぼ間違いなくルーベンスの真筆と認められるからだ。トレ・デ・ラ・パラーダのための連作の油彩スケッチ6点はその好例で、一辺30センチにも満たないくらいの小品ばかりだが、それゆえにルーベンスの的確なデッサン力と軽快な筆運びが伝わってくる。いかにも肉々しい大作に辟易したムキには、こうした小品のほうがよっぽどうれしい。

2013/03/08(金)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00020582.json l 10085735

2013年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ