2019年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

CCC展覧会企画公募 NCC 2015 第7回入賞展覧会「converters」「かつての遭遇」「Reconstruction of Memories/記憶の再構築」

2015年02月15日号

会期:2015/01/13~2015/02/14

静岡市クリエーター支援センター2F・3F[静岡県]

しりあがり寿、八谷和彦らと公募の審査を担当した、CCCのニュー・クリエイターズ・コンペ2015の展覧会を見る。選考時に絞るのに困ったように、CCCで審査を担当するようになって、もっとも全体的なクオリティが高い。三企画とも異なる方法だが、見せ方を心得ている。CCCは学校をリノベーションしたものだが、椋本真理子+関真奈美+伏見恵理子+勝俣涼の「かつてとの遭遇」は、面白い場所を選び、三名の作家を批評家のテキストがつなぎながら、二部構成とする新しい手法だった。近藤愛助の「記憶の再構築」は、映像の語りが面白く、渡米した曾祖父とベルリン在住の自分を時空を超えて重ねる。

2015/01/17(土)(五十嵐太郎)

2015年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ