2019年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

野口明美 銅版画展「メトロに見るパリのエスプリ」

2015年02月15日号

会期:2014/12/23~2015/01/03

ギャルリーパリ[神奈川県]

正月を挟んだ年末年始だけの開催。パリのメトロにインスピレーションを得た銅版画で、案内状を見て興味を惹かれた。そこには広告のある地下鉄ホームを描いた作品が印刷されているのだが、全体は簡略な直線で表わされているのに、女性をモデルにした広告の部分だけ丹念に描き込まれていたからだ。この広告もひとつの絵と見れば、画中画を強調した作品といえる。フランス在住40年近い野口さんは、最初は壁画を志していたらしいが、パリで銅版画を学び、メトロの駅を描くようになったという。地下鉄、壁画と聞いてラスコーの洞窟壁画を思い出したが、野口さんもフランスに来たころ興味があって見に行ったらしい。70年代にはまだ公開されていたのだ。先史時代の洞窟壁画と現代のメトロの広告をつなぐ見えない糸があるのかもしれない。それはともかく、この「メトロシリーズ」、街の広告を描くという意味では、かつて佐伯祐三が捉えたパリの街角のイメージとも通じるところがある。ほかに、彼がコレクションしたスプーンを正面から緻密に描いた版画も展示。正面性も大きな特徴だ。

2015/01/03(土)(村田真)

2015年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ