2019年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

「神々のたそがれ」試写

2015年02月15日号

会期:2015/01/30

シネマート六本木[東京都]

地球より800年ほど進化の遅れた人たち(?)の住む惑星に、地球人が派遣され……という「SF映画」。だと思って見に行ったら、期待は見事に裏切られたというか、予期せぬ映画として楽しめた。殺戮、糞尿、血、家禽、内臓、その他モノクロでなにがなんだか判別のつかないものが3時間にわたって画面にぶちまけられるのだ。もうストーリーなんてあってないようなもの。まあ、タルコフスキー監督『ストーカー』の原作者であるストルガツキー兄弟のSF小説が原作なので、あらかじめ覚悟はしていたが。登場人物が押せ押せで画面に入り込んだり、カメラ目線でこちらに微笑んだり、かなりセルフコンシャスな映画。

2015/01/30(金)(村田真)

2015年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ