2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

尾形一郎/尾形優《タイルの家》

2015年05月15日号

twitterでつぶやく

[東京都]

竣工:1998年

続いて、写真家の尾形一郎/尾形優による東京の家へ。もともと二人は建築家であり、まず最初にストイックなキューブの躯体をつくり、そこに展覧会を終えるごとに、作品として用いた世界各地の装飾的な細部が徐々に足されていく。彼らがテーマとしたウルトラ・バロック、メキシコのタイルや陶器、沖縄のブロック、額縁群、工事のときの足場などである。まさにアート作品としての建築と言えるだろう。

2015/04/19(日)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2015年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ