2019年08月01日号
次回9月2日更新予定

artscapeレビュー

アートと都市を巡る 横浜⇔台北

2015年08月15日号

会期:2015/07/24~2015/09/13

BankARTスタジオNYK[神奈川県]

2005年から、横浜のBankARTと台北のアーティストヴィレッジが相互に送り出したアーティストを受け入れる交換プログラムをスタート。その10年を記念して計21組のアーティストの作品を展示。当時つくった作品を出すものもいれば、新作をつくるものもいる。圧巻はオフニブロール(高橋啓祐+矢内原美邦)による壁2面を使った横長の映像インスタレーション。白い両端から人のかたちが中心に向かって吸い込まれていく映像だが、壁が直角に折れ曲がった中心部は赤。つまり会田誠の《ジューサーミキサー》のように人が巻き込まれて血に染まっていく色であり、それは日の丸をも意味する。先日見た村田峰紀の作品と並んで印象深い日の丸だ。台湾では陳妍伊(チェン・イェンイ)の変貌ぶりに驚く。彼女は横浜に来たときキモノに興味を持ち、和服の一部をサンプリングした工芸的ともいえる作品を発表していたが、今回は監視カメラをつくって街中に設置した写真を出している。ずいぶん社会意識が高まったようだ。どちらも第1回目のアーティスト。2回目に派遣された東野哲史は作品を出さず、3カ月間の台湾滞在中に記した日記を丸ごと壁2.5面に書き写した。これはこれで壮観だが、台湾の人が読めないのは残念。

2015/07/24(金)(村田真)

2015年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ