2019年06月15日号
次回7月1日更新予定

artscapeレビュー

画廊からの発言 新世代への視点2015

2015年08月15日号

会期:2015/07/20~2015/08/01

ギャルリー東京ユマニテ+ギャラリイK+ギャラリー川船+ギャラリーなつか+藍画廊+ガルリソル+なびす画廊+ギャラリー現+ギャラリーQ+コバヤシ画廊+ギャラリー58[東京都]

炎天下、少し離れた1カ所を除く11画廊を訪問。内訳は絵画が6、彫刻・立体が5というバランス。ギャラリイKの福井拓洋は、床上1メートルほどの高さにフローリングの床をつくり、階段まで設けている。上ってみると頭が天井につきそう。床にはところどころ穴が開いてて、のぞくと真っ暗でなにも見えない。発想としてはありがちだが、よくここまで実現させたもんだ。藍画廊のカナイサワコはガラス瓶をヤスリで削り、穴が開くまで薄くしたものを台座に載せている。瓶は表面を削られたため白っぽく、台座も壁も真っ白なので、一瞬白内障にかかったんじゃないかと勘違いするほど視界が白くなった。コバヤシ画廊の藤浪美世は、チューブから絵具をブリブリッと気前よくひねり出して塗った絵画が気持ちいい。それだけでなく「あなた」に宛てた手紙や道端で撮った写真も展示しているが、作品を見せるのか作者の世界を提示するのかどっちかにしてほしい。

2015/07/31(金)(村田真)

2015年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ