2019年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:八木良太展「サイエンス/フィクション」

2014年12月15日号

会期:2014/12/21~2015/01/17

神奈川県民ホールギャラリー[神奈川県]


八木良太のような、境界(例えば美術と音楽)を横断して活動するアーティストにとって、身軽さや新たな回路を創出することはひとつの性質である。個々の作品の刺激も興味深いが、やはりその範囲は小規模で作品と鑑賞者一人の対話に留まる。しかしそれが大きな会場にて物語として紡がれた個展を構成する一つとなるなら、おそらく別の鑑賞者にも影響を伝導し、展覧会自体が有機的なものとして新たな認識が生まれるのではないだろうか。と勝手に想像しているが、単純に「SF=すこし不思議」として、どのような展覧会として構成されているのか、期待が高まる。

2014/12/14(日)(松永大地)

2014年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ