2019年11月15日号
次回12月2日更新予定

artscapeレビュー

住吉台の家

2014年12月15日号

[宮城県]

研究室の博士課程でもある宇都宮の建築家、星裕之が仙台で手がけた《住吉台の家》(2014)を見学する。場所は新興住宅地の角地であり、隣は公園だが、賑やかすぎるために、まわりの視線を避け、外に対して閉じる。が、内部に入ると、上部の窓から四方の空がよく見え明るく、開放的な構成だ。キッチンからデッキの中庭まで、段々にレベルを上げつつ、ゆるやかに各個室と接続する。施主は室内で犬を飼っていると聞き、空間の見え方も変わった。

2014/11/20(木)(五十嵐太郎)

2014年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ