2019年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

「アーキテクツ/1933/Shirokane アール・デコ建築をみる」展+「内藤礼 信の感情」展

2014年12月15日号

会期:2014/11/22~2014/12/25

東京都庭園美術館[東京都]

庭園美術館がリニューアルオープン。1933年に建てられた本館は、当時の資料を調査して創建当初に近い姿に復元・改修したという。さらに本館の奥に新館がオープン、杉本博司がアドバイスしたホワイトキューブの展示室が設けられた。内藤礼はこの展示室にわずかに色彩を施した白いキャンバス作品と、小さなオブジェ(鏡の前に立つ木製フィギュア)を設置。それだけでなく、本館に数カ所ある鏡の前にもフィギュアを置いた。フィギュアといっても手足と目らしきものが判別できる程度のプリミティブな人形で、まるで古い館に棲みついた妖精みたい。といったらメルヘンチックすぎるか。作者によると「ひと」だという。

2014/11/21(金)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00028629.json、/relation/e_00028630.json l 10105749

2014年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ