2019年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

イエス来日公演(東京)

2014年12月15日号

会期:2014/11/23~2014/11/25

東京ドームシティホール[東京都]

イエスの来日公演に行く。最盛期のアルバム「危機」と「こわれもの」をそのまま再現する曲目、しかもスティーブ・ハウとクリス・スクワイアが演奏しているので、満足できる内容だった。改めて、前者のギターは独創的である。もともと若さをウリにするバンドではないだけに、メンバーの外観が老いても、ちゃんと演奏していれば、あまり違和感を覚えない。一方、今年行ってきたエイジアの来日公演は、スティーブ・ハウが抜け、若いギタリストを入れ、それ以外はオリジナルのメンバーだったが、ジョン・ウェットンのヴォーカルがだいぶ衰えていたのが残念(それでも楽しいのだが)。イエスが迎え入れた新しいヴォーカルが、ちゃんと当時の再現のように歌っているのとは対照的である。バンドの老いという意味では、今年、MR.BIGの公演も見たのだが、ドラムがパーキソン病を患いながらも、サポートのドラムを入れながら、笑顔で出演し、それでも元のフルメンバーで演奏している姿は、ある意味で感動的だった。またビリー・シーンのベースが相変わらず、神がかっていたことも感心した。

2014/11/25(火)(五十嵐太郎)

2014年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ