2019年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

記憶のイメージ/イメージの記憶

2014年12月15日号

会期:2014/11/15~2014/11/30

BankARTスタジオNYK[神奈川県]

吉野石膏美術振興財団が助成してきたアーティストたちの選抜展。石膏を原料とする住宅建材で知られる吉野石膏が財団を設立したのは2008年のこと。以来、おもに若手アーティストの海外研修への助成をしてきた。出品は秋吉風人、岩田草平、竹村京、橋爪彩、水越香重子ら17人で、絵画あり彫刻ありインスタレーションあり映像ありと多彩だ。石膏会社だから石膏を使うアーティストしか支援しないといった狭量さがないのはありがたいことだが、反面これだけ守備範囲が広いと財団のイメージがボケてしまいかねない。もう少し対象を絞ったほうが財団の性格がより明確化するんじゃないかと思ったりもする。

2014/11/17(月)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00028701.json l 10105745

2014年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ