2019年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

京都アートホステル クマグスク OPENING WEEK「光の洞窟」

2014年12月15日号

会期:2014/11/28~2014/12/07

KYOTO ART HOSTEL kumagusuku[京都府]

展覧会空間に宿泊しながら、滞在によって美術作品をより深く味わってもらうというコンセプトのもと、美術作家の矢津吉隆がまもなく京都にアートスペース「アートホステル クマグスク」をオープンする。12月下旬予定の本オープンに先駆け、プレオープンイベントとしてこのスペースが期間限定で一般公開された。本展はアートコーディネーターの奥脇嵩大氏を招きここで開催されている記念すべき第一回目の展覧会。アートユニットのexonemoのインスタレーション、天野祐子の写真、Sarah Vanagtの映像作品が2階の共有スペースなどに展示されている。来年の9月下旬までと会期自体は長いが、ホステルという性質上、基本的には宿泊者のみが見ることのできる宿泊型展覧会であるため、特別に公開されたこの機会は貴重だった。作品展示もさることながら、漆の作品を発表している作家の石塚源太が手がけた漆の階段や、工芸の家(安藤隆一郎、石塚源太、染谷聡、中村裕太)によって施された各所の建築意匠も見どころ。今後、展覧会は年一回のペースで開催され、その都度、異なる宿泊空間へと変わっていくという。四条大宮に近く、交通の便も良い。ずっと先まで予約でいっぱいということになる前に私もぜひ泊まってみたい。


2014/11/28(酒井千穂)

2014年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ