2022年07月01日号
次回7月15日更新予定

artscapeレビュー

2013年11月15日号のレビュー/プレビュー

ワラッテイイトモ、

「笑っていいとも」の放送終了のニュースを聞いて、ある作品を思い出した。実は10年前、キリンアートアワードの審査で、「ワラッテイイトモ、」という衝撃的な映像作品と出会って以来、この番組が気持ち悪くなり、一度も見ていない。このとき作品自体が公開されない恐れを感じ、『10+1』に「白昼の怪物」という文章を寄稿した。いまや「ワラッテイイトモ、」は、ネットでも簡単に見ることができるが、当時はyou tube前夜だった。このキリンアートアワード2003のとき、一緒に審査員として「ワラッテイイトモ、」に魅せられたひとりがヤノベケンジ。同時に受賞していたのが、ブレイク直前の名和晃平。問題を受けて、アワードがキリンアートプロジェクト2005に変わり、筆者が選んだのが石上純也。キリンのアーティストが、あいちトリエンナーレにつながっている。当時「ワラッテイイトモ、」は、肖像権と著作権の問題から、展覧会では修正版が公開されることになった。が、それがもうひとつの奇蹟を起す。拙稿「なぜ『ワラッテイイトモ、』のアラン・スミシー・ヴァージョンは、かくも猥褻で、美しく、そして笑えるのか」(『インターコミュニケーション』47号、2003)で論じたように、三種類の修正版があり、そのひとつは曜日ごとに異なる修正パターンを試み、それがあたかも近代美術史の歴史を想起させるものになっていたことだった。ぼかし、モザイク、スクラッチなど、こうした具象の修正=抽象化は、まさに近代美術が歩んだ道ではないか。

2013/10/22(火)(五十嵐太郎)

Marc Chagall シャガール展

会期:2013/09/03~2013/10/27

宮城県美術館[宮城県]

宮城県立美術館のシャガール展を見る。いわゆる絵のための絵ではなく、パリ・オペラ座の天井画、バレエ劇のドレス、舞台背景、教会のステンドグラス、陶芸、彫刻など、建築や舞台と関わる作品をメインにとりあげており、個人的に楽しめた。作品の全体レイアウトを構想する際、カラフルな色のヴォリュームの配置が効果的である。

2013/10/22(火)(五十嵐太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00023241.json s 10093891

ホンマタカシ「Pinhole Revolution / Architecture」

会期:2013/09/19~2013/10/26

TARO NASU[東京都]

TARO NASUで、ホンマタカシ「PINHOLE REVOLUTION ARCHITECTURE」展を見る。丹下健三らの建築をピンホール・カメラに変えたビジネスホテルの部屋によって撮影する新作と、ル・コルビュジエなどの建築の窓ごしの風景写真を組み合わせたものだ。またギャラリーの空間ごとピンホール化し、道路向いの風景を部屋に転写した作品も興味深い。

2013/10/23(水)(五十嵐太郎)

あいちトリエンナーレ ベロタクシー

[愛知県]

シビコまでベロタクシーに乗せてもらう。毎週あいちトリエンナーレの現場にいるのだが、実は初めて。なんとか会期が終わるまでに乗ることができた。歩行に近いスピードで移動する乗り物。スローウォークの乗り物バージョンのようで面白い。ベロタクシーはトリエンナーレのまちなか展開を彩る大事な要素である。おそらく、実際に展示を見ない人にとっても、これが街で動いていると、トリエンナーレの開催を感じるはずだ。

2013/10/24(木)(五十嵐太郎)

加藤マンヤ展 as far as possible

会期:2013/10/12~2013/11/11

Masayoshi Suzuki Gallery[愛知県]

岡崎のmasayoshi suzukiギャラリーを訪問した。加藤マンヤ展では、日用品に手を加えたオブジェの数々が、新しいモノの関係性を示す。同時に展示されているstudio velocityのシビコ屋上のプロジェクト「roof」の模型がすごい。やはり、ほとんど糸のグリッドが見えない。オカザえもんのフィギュアも、ここで予約受付している。岡崎は訪れるたびに、オカザえもんがあちこちに増えていることを実感する。ちなみに、ゆるキャラグランプリ2013にて、オカザえもんに投票したが、これだけ多様なゆるキャラが日本各地に存在するのに、ほとんどが同じ特徴をもつ。身体の丸っこい曲線だ。かわいらしさの媚を売ることと、着ぐるみで人が内部にいることを忘れさせることが目的だろう。しかし、オカザえもんだけが違う。アートなのだ。

写真:上・中=加藤マンヤ展、下=studio velocity《roof》模型

2013/10/24(木)(五十嵐太郎)

2013年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ