2019年11月15日号
次回12月2日更新予定

artscapeレビュー

ジム・ランビー:アンノウン・プレジャーズ

2009年01月15日号

会期:12月13日~3月29日

原美術館[東京都]

床にテープがストライプ状に張られているという手法は、2007年の東京オペラシティアートギャラリーでのMelting Point展や十和田市現代美術館のチケットカウンター部分の常設展示にも見られるジム・ランビーおなじみの手法。しかしここではカーブした廊下という原美術館の形態にあわせ、円弧型を組み合わせたパターンにテープを貼る。模様は展示室だけでなく、階段、踊り場なども覆い、特に階段では滝が流れているかのよう。展示室では、微妙に開いたフェイクの扉をインスタレーションし、そこにも立ち上がって円弧パターンが覆い尽くす。建築と美術がうまく絡んだ、サイト・スペシフィックな展示だといえる。

2008/12/27(土)(五十嵐太郎)

2009年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ