2019年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

HARAJUKU PERFORMANCE+SPECIAL:2日目 「ビート&エクスペリメント」

2009年01月15日号

会期:2008/12/21

ラフォーレ原宿[東京都]

今日も舞台の背後にはスクリーン。ただし映るのはすべてパフォーマー自身の身体。2日目は、演奏のみならず演奏する身体へフォーカスした公演となった。とくに印象に残ったのは、dj KENTAROや宇治野宗輝の機器をつまみこする手、Shing02のシャイに帽子を押さえる手、大友良英のギターを引っかき回す手。華麗で巧みでユーモラスでもあるそんな身体は、それぞれにマニッシュな官能性を帯びていた。そのなか、急遽出演が決まった真鍋大度(Copy Smiles.)のパフォーマンスは、誰より異彩を放った。顔の各部位に多数の配線を貼り付けた2人のパフォーマーが、音楽に合わせて顔を奇妙に歪ませる。会場ではよく分からなかったが、一方の顔の変化がもう一方にコピーしていたらしい。神経繊維がむき出しになったようなグロテスクで滑稽なルックス。電気ショックによる顔面「フラワーロック」化。真鍋によって身体は、内在するテクニックを披露する場ではなく、外在するプログラムが強引に遂行される事件現場となった。この拷問的なプレイに観客は爆笑し、乗りに乗った。

写真:真鍋大度(Copy Smiles)のパフォーマンス

2008/12/21(日)(木村覚)

2009年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ