2020年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

シンポジウム「縄文/創造の原点から」

2011年12月15日号

会期:2011/11/02~2011/11/03

青森県立美術館[青森県]

県立美術館のシンポジウム「縄文/創造の原点から」に国際的なビエンナーレやコミッショナーを経験したキュレーターが集まった。筆者はヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展2008やあいちトリエンナーレ、南條史生はシンガポール・ビエンナーレの立ち上げ、逢坂恵理子は横浜トリエンナーレの推移、植松由佳はヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展2011の日本館について語る。モデレーターは飯田高誉が務め、青森でも国際芸術祭の開催を目指しているという。実はひとつの国のなかの複数の都市がビエンナーレを開催しているのはめずらしく、意外にも日本の数はかなり多いらしい。

2011/11/02(水)(五十嵐太郎)

2011年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ