2020年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

ゴヤ──光と影

2011年12月15日号

会期:2011/10/22~2012/01/29

国立西洋美術館[東京都]

地下2階の企画展示室に入ると、さらに下のギャラリーへと導かれる。「光と影」の画家ゴヤにふさわしい趣向だ。この奈落の底で晩年の自画像と初期のタペストリー原画を見てから再び地下2階に戻るのだが、その後は版画と素描がずらりと並び、油彩は数えるほどしかない。もちろん《着衣のマハ》や、ゴヤ特有の浮遊する人物を描いた《魔女たちの飛翔》、筆のタッチも生々しい《ガスパール・メルチョール・デ・ホベリャーノスの肖像》をはじめとする肖像画群も見られたが、出品作品123点のうち油彩が約5分の1の25点というのは少なすぎないか。とくに後半はほとんど版画と素描に占められていてウンザリする。もちろん版画も素描も重要だけど、それらは暗い照明の下で歩きながら見るより、家で画集を見ればいいのだ。大々的に40年ぶりの「ゴヤ展」を謳うなら、もっと油彩画を借りてきてほしかったなあ。だいたい「プラド美術館所蔵」と銘打ちながら西洋美術館の版画が45点も出てるのだから、ありがたみが薄い。長崎県美術館と東京富士美術館からの各3点を加えれば50点以上が国内の所蔵品だ。40年前に同じ西洋美術館で見たときは、まだ企画展示室はおろか新館もできておらず、ル・コルビュジエ設計の本館しかなかった。それでも着脱2点のマハをはじめ油彩39点が来ていた。ハコは飛躍的に拡充したのに、肝心の作品が保険金高騰もあって来れないのではどうしようもない。今回の大震災と原発事故でますます海外から作品の貸し出しが難しくなるだろうなあ。

2011/11/04(金)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00015250.json l 10017897

2011年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ