2020年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

せんだいスクール・オブ・デザイン 2011年度秋学期開講式記念講演(名和晃平)

2011年12月15日号

会期:2011/11/03

せんだいメディアテーク 1Fオープンスクエア[宮城県]

開講式の名和晃平によるレクチャーでは、男性作家として最年少での個展となる東京都現代美術館の展示と、京都のSANDWICHにおけるクリエイターの横断的な制作活動のプラットフォームが紹介された。前者の報告からは、彼が情報化の時代における先端的な造形を探索していることがよくわかる。また名和は学生時代から後者の活動につながるイベントを企画していたという。しかし、人から恵まれた環境をあらかじめ与えられるのではなく、自発的だからこそ、個性的かつ創造的な場を生むパワーに改めて感心させられた。

2011/11/03(木)(五十嵐太郎)

2011年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ