2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

Don't Follow the Wind Non-Visitor Center

2015年10月15日号

会期:2015/09/19~2015/10/18

ワタリウム美術館[東京都]

現在、福島県の「帰還困難区域」内で「Don't Follow the Wind」と題する展覧会が開かれている。出品作家はアイ・ウェイウェイ、小泉明郎、竹内公太、Chim↑Pom、宮永愛子ら12組。これは見たい、と思っても見に行けないのがこの展覧会の最大の特徴なのだ。といっても永遠に見られないわけではなく、封鎖が解かれれば見に行けるが、それがいつになるか、5年後か10年後か100年後か、だれにもわからない。そこで各地に随時サテライトを設けて同展の紹介をすることになったのが、このノンヴィジターセンターだ。国立公園の入口によくあるヴィジターセンター(案内所)みたいなもんだが、展示場所や作品内容など具体的な案内ができないので「ノン」がつく。ここでわれわれはどんな作品がつくられたのかを想像するわけだが、そのためにまず、帰還困難区域内はどうなってるのか、そもそも放射能とはどんなものかに思いを馳せざるをえなくなるのだ。「イマジン」、これが同展の最大の目的かもしれない。ノンヴィジターセンターでは3階が立ち入り禁止のサテライトスタジオになっていて、そこに関連作品を展示している。見るには2階の吹き抜けに建てたヤグラの急な階段を上らなきゃいけないが、見ても作品まで距離があるからよくわからない。また4階では、キュレーターやアーティストらのスカイプを使った会話を素材にした園子温によるドキュメンタリーを流している。

2015/09/24(木)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00032646.json l 10115404

2015年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ