2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

ベルリン中央駅~ポツダム広場

2015年10月15日号

[ドイツ、ベルリン]

ベルリン中央駅からポツダム広場方面へ、南下しながら歩く。もちろん、ドイツの建築家も多いが、ディーナー&ディーナー、カラトラヴァ、フォスター、ポルザンパルク、ゲーリー、ウィルフォード、アイゼンマン、チッパーフィールド、ピアノ、モネオ、ロジャース、磯崎、ザハ、グラッシなど、改めて国籍の多様性に驚く。外観のレギュレーションが強いなか、それぞれの建築家が工夫を凝らす。超傑作ばかりではないが、やはり群としての圧倒的な存在感が生まれている。この南北エリアは、かつてベルリンの壁沿いだったところで、東西の統一後、都市の中心になった、ほとんどが1990年代後半以降につくられた現代の風景だ。90年代に世界でもっとも激変した都市は、ベルリンと上海ではないかと思っているが、前者は世界のスター建築家を導入しながら、確実に都市の資産となる新しい街並みをつくり出している。一方、東京は結局、ザハを追い出したが、いま思えば外国人建築家に開かれていたバブルのときからの現代建築を将来も蓄積できるのか、心もとない。

写真:左=上から、ディーナー&ディーナー、カラトラヴァ、フォスター、ポルザンパルク、ウィルフォード。中=上から、ゲーリー、チッパーフィールド、ピアノ、モネオ。右=上から、ロジャース、磯崎、ザハ、グラッシ

2015/09/25(金)(五十嵐太郎)

2015年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ