2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

映画『さよなら人類』トークショー

2015年10月15日号

会期:2015/09/02

YEBISU GARDEN CINEMA[東京都]

ロイ・アンダーソン『さよなら、人類』のトークに登壇。マットペイントの木村俊幸と。この映画は、徹底的にスタジオのセットをつくり込んでおり、トーマス・デマンドの作品のなかで、映画を撮影しているような雰囲気である。また、斜めの角度からの室内描写や、緻密に構築された奥の見える開口も面白い。そして、トボケた間合いが生じる独特な間と設定による笑いが絶えない、ワンカットの短編を数珠つなぎにしたような作品である。映画の古くて新しい感じは、もしかすると映画以前の19世紀におけるパノラマ的な視覚にも通じるかもしれない。ほかにジョージ・シーゲルの人間彫刻、ヴィルヘルム・ハンマースホイの室内画なども想起させる。

2015/09/02(水)(五十嵐太郎)

2015年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ